運営会社ご挨拶

当社は不動産業者のお悩みをITテクノロジーで解決のお手伝いをさせていただいております、マンションリサーチ株式会社と申します。
2011年4月に設立いたしまして「不動産テック」事業を営んでおります。
当社の主要事業としましては、「不動産を売りたい方」と「不動産会社様」とをマッチングいたします一括査定事業となりまして、集客媒体としては「マンション.navi」というサイトを自社運用しております。

マンション.naviはサイト上で「全国のマンション相場情報を公開」しており、ご好評いただいているのですが、相場価格を公開するにあたり、膨大な比較対象事例を収集する必要があり、約10年に渡り不動産流通データを取得し続けた結果、現在では業界最大級の取引データを保有する会社となりました。

その膨大な事例データを何らかの形へ変えて、不動産会社さまのお役に立てないかという発想から「不動産データクラウド」というサービスでご提供を開始いたしました。

不動産データクラウドとは

業界最大級の不動産流通データ量を、不動産実務で活かせるサービスを開発・ご提供しています

昨今、不動産業界においてもIT化が進み「過去取引履歴情報データ」の重要性や「不動産情報の透明化」も促され【情報量の差が格差を産む】、そんな時代への過渡期を迎えていると実感されていらっしゃる方も増えてきているのではないでしょうか。

大手不動産会社では、より早い段階で不動産データの蓄積・活用を始めており、ブランド力や取引実績の多さだけではない【蓄積されたデータ】が選ばれる大きな要因であることは間違いありません。
また、大手不動産会社では自社の過去取引実績が簡単に調べられるツールなども保有しているため経験の少ない新入社員でも媒介が取れています。

一方で、昨今では一般消費者(売主・買主)のITリテラシーの上昇が顕著であり、不動産会社に相談する前に大凡調べてから相談するというケースが非常に増えています。

「大手不動産会社の情報量」と「一般消費者の知識増」に対し、既存の方法でのみの情報で信頼を勝ち取るのは難しいでしょう。
だからといって人・物・金の資源が大手に比べて極端に少ない中小では対抗するのも現実的ではありません。

それを解決できるのが不動産データクラウドです

不動産データクラウド【開発の背景】

不動産売買仲介業・不動産買取転売業では、日常的に市場調査や価格相場の把握にあたり大手事例掲載サービスのデータを利用しています。
しかし同システムに掲載される成約情報は全体の25%前後。
つまり75%は過去に売りに出たものの【成約登録されずに削除】されていることになります。
この「過去」の売出し情報の75%は見ることができません。その不足した情報を担当者の「勘」と「経験」で補ってきたのが今までの不動産業界でした。
こういった背景の中、当社は、不動産テックカンパニーの先駆けとして2011年の創業以来蓄積してきた9,000万件超の不動産流通データを活用し、業界がこれまで「勘」と「経験」に頼ってきた内容を“視える化”することで、新入社員からベテラン社員まで個人の能力差に関係なく業務を効率よく効果的に遂行していただけるものと考え、『不動産データクラウド』を開発しました。

不動産データクラウドの特徴

(1)業界最大級の膨大な不動産流通データ ※2020年9月1日現在

地域の不動産会社からの情報提供や各種不動産ポータルサイトの閲覧情報、紙広告の不動産流通履歴など、インターネットだけではなく、過去に世の中に公開された不動産流通事例をあらゆる方法で捕捉しております。(対象は日本全国の土地・一戸建て・分譲マンション)

〇掲載データ数
分譲マンション流通事例(売買) 3,200万件超
分譲マンション流通事例(賃貸) 3,600万件超
土地・一戸建て流通事例数(売買) 2,400万件超

(2)売出履歴情報を定点観測して時系列で表示

過去の取引履歴は売り出されたタイミングだけを見ても何も判断できません。なぜならある価格で売り出されたとしても、その価格で「売れた」のか「売れなかった」のか、そしてその後「値下げを行ったのか」がわからないからです。
「不動産データクラウド」ではこれらを解消するために、各売出し履歴情報を販売開始から定点観測することによって、下記のようなことまで一度に把握することが可能となりました。

〇いつ販売開始され、いつまで売り出されていたか(販売期間)
〇販売期間中に値下げされたタイミングと値下げ金額、価格改定回数
〇それぞれのタイミングでどの不動産会社が扱っていたか(扱い不動産会社とその履歴)

(3)豊富なオプションから自社に必要なもののみを選択できる(一例)

〇仲介査定PRO
手間のかかる売却価格査定をもっと簡単に誰でもできるようにしたのが売買仲介PROです。
マンション名と専有面積・向き・階数を入れるだけで、AIによる査定価格と予想される販売期間を自動で算出。
さらにボタン一つで簡単に査定書(レポート)を作成することも可能。
(区分マンションのみ対応・オプション費用1万円/月額)

不動産データクラウドは無料で導入可能

大手にも勝る、膨大な不動産流通データを皆様に活用していただきたい

情報力は非常に重要なものということはお分かりいただけたと思います。
これを我々は囲い込むのではなく、過渡期である今だからこそ不動産業界全体の変革の一助になれればとの想いから、永続無料にて公開・ご提供を決定いたしました(基本機能:事例検索PRO・事例モニターPRO)。

以下のフォームより、お申込みいただき、アカウントを発行されましたら、すぐに不動産データクラウドの持つ「膨大な不動産流通データ」を手にすることができます。

是非、ご活用くださいませ。

無料でアカウント作成を申し込む

必須会社名

任意支店

必須ご担当者名

必須ご連絡先

必須メールアドレス

必須宅建業免許番号

任意業態
売買仲介買取再販賃貸仲介賃貸管理その他

任意取り扱い
マンション土地一戸建て一棟その他